読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなんじゃ?

日常のハテナと日々の暮らしを綴るブログです。

シンガポール旅行〜準備編〜

こんにちは、黒ねこです。
この度、2016年5月25日〜5月29日の5日間で女一人旅に出かけてきました。あまりお金をかけられないわたしは、格安で行ける旅行ツアーを探すことに。そして調べた結果、一番格安だったエクスペディアを使ってみました。しかし、一人旅でしかも行ったことが一度もない国に行く怖さがありました。
f:id:kokuronyan:20160601153118j:image
エクスペディアで予約し、ホテル2泊分と観光ツアー、航空券を頼み約9万円。それに加え、乗り換え時のクアラルンプールでの宿泊代1泊をAgodaで別に予約し、トータルで旅費が12万円ぐらいかかりました。

①旅券の準備

f:id:kokuronyan:20160601153039j:image
エクスペディアから予約したものの、その後旅券はエアアジアのサイトから旅券を自分で印刷しなければいけません。ここで、6桁の予約ナンバーや、出発する空港名を入力後、預けるバッグの個数や座席の位置、機内での食事を予約し、旅券を印刷します。
今回、わたしがエアアジアの公式サイトから旅券を予約しようとした時、一番困ったことが、手続きが先に進まないという現象でした。調べてみたところInternet Explorerではごくたまにボタンを押しても反応しないということがあるそうです。Firefoxにブラウザを変えて再度手続きをしてみたところ、うまく先に進めたので、なかなか手続きが前に進まないといった現象がある方は、ブラウザを変えて試してみてください。
あと、手続きが進まない理由の一つに、クレジット決済の残高不足が原因で、サイトから手続きできないという事象があります。今回、わたしもそのせいでなかなか旅券の手続きに進めないということがあり、丸一日悶絶しました。こういった場合は、利用するカード会社に電話をし、上限を一時的に広げて貰うということが必要です。それが出来ない場合は、他のクレジットカードを使うかのどちらかです。
エアアジアでは、お水、お弁当などは持ち込みできないです。あらかじめサイトから予約しておくことをお勧めします。水や機内食は機内で直接買うこともできますが、事前予約するほうが少し安くなるそうです。
実際、日本から飛び立つ時に周りを見てみたところ、機内にお水を持ち込んでいる人を見かけました。空のボトルを持ち込んで、水飲み場の水を汲んで持ち込んでいる人もいましたね。しかし、原則エアアジアは持ち込み厳禁となっているので気をつけましょう。

②ホテル予約&変圧器、変電気購入

サイトから海外ホテルを予約する場合、キャッシュでは払えません。必ずクレジットで決済が行われるため気をつけておきましょう。
わたしの場合は、クレジットで払い終わっていると思っていたら、実際のところクレジットからの支払いが完了しておらず、現地に行ってからキャッシュで払う羽目になりました。

あとは、スマホの充電などどうするのか…といったところですよね?変圧器や変電気など、どういったタイプのものが必要か調べておきましょう!だいたい安いもので400円もかからないぐらいで買えると思います。
f:id:kokuronyan:20160601151955j:image
シンガポールはコンセントの差し込み口は3つのものが多いみたいですね。わたしの場合は、変圧器なしの「変換器BFタイプ」のもので全然大丈夫でした。

ちなみに、羽田空港内の椅子には下記のように充電できる場所がたくさんあります。
f:id:kokuronyan:20160601154214j:image
マッサージチェアでゆっくりすることも!
f:id:kokuronyan:20160601154400j:image
パソコンだって使えます。
f:id:kokuronyan:20160601154432j:image
f:id:kokuronyan:20160601154443j:image
f:id:kokuronyan:20160601154522j:image

③緊急連絡先を調べておく

いざという場合にそなえて日本大使館、警察、銀行、携帯会社の緊急連絡先を事前に調べておきましょう。それを書いたメモを各バッグに忍ばせておくと、どのバッグが紛失した時も落ち着いて対処できます。

④保険加入

安いもので5000円以下でスタンダードなものは加入できるので、念のため入っておきましょう。サイトから加入しなくても、空港でも手続きできるので忘れてしまっても焦る必要はありません。

⑤パスポート

有効期間が過ぎていないか確認をしておきましょう。

だいたい重要な準備はこのぐらいでしょうか。わたしが旅行準備で一番大変だったのが、なかなか手続きに進めないという現象でした。クレジットの引き落としの上限は予めチェックしておきましょう。