読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなんじゃ?

日常のハテナと日々の暮らしを綴るブログです。

他人事ではない!10年後先の日本が迎える厳しい現実〜貧困、孤独死〜

テレビ ニュース

フジテレビで紹介されていたニュースで、これは他人事では無いと思ったので、ご紹介したいと思います。

横浜市中区寿地区、日雇労働者の街。出稼ぎのひとで溢れていたこの地で、奮闘する医師の山中修氏の特集だった。

寿地区の宿泊所は、三畳一間。部屋にはエアコンや冷蔵庫などが完備されている。

高度経済成長を支えた人たちが、今では高齢者となり、働けなくなり再びこの寿地区に戻ってくる人も多いという。

横浜市の65歳以上の高齢者の54%が寿地区に住んでいる。身寄りがない。「人生の終盤を迎えたひとたちに寄り添う診療を行ってきた。」という山中医師がご老人の住む部屋に入るとき、

「生きてるかな〜」

と優しい声で部屋に入っていく姿が印象的だった。看取り医療と外来医療をやってきたという山中医師。宿泊所には、管理人の帳場と呼ばれる住人の世話役がいる。部屋の高齢者に声をかけ、それぞれの住人の服薬の管理もするという。

生活保護を受けている人が、90%にのぼる。この簡易宿泊所は、敷金、礼金、保証人はいらないという。

 

胃癌の手術を終えた男性のご老人が、寿の宿泊所で翌朝、穏やかに息を引き取った。 山中医師は言う。

「最後までその人がその人らしく生きて亡くなる…それが理想の医療だ」と。

現実的に孤独死や貧困はすぐそこだと思った。タイミング的に私も派遣切りにあった身なので、かなり危機意識を感じた。転職先も何社受けても決まらない、経験が浅いからダメだと落ちた理由を言われても、しょうがないじゃないか!過去は変えられないし、派遣を選びたくて選んできたわけじゃない。そうやって私の経歴はブツ切りになって行った。業務の一部分しか携われないのがもどかしかった。勤続年数を重ねても、売り上げを上げるほどのクリエイティブを作っても評価されない、給料は上がらない。なんだか虚しかった。派遣を続けることが。正社員のひとたちの

派遣社員は、楽だから、楽を選んで働いているんでしょ?」

って態度がすごくムカついた。

会社の人とは仲良くはなれないな…と思った。このままじゃ、私も行く末は寿地区のひとたちのように貧困に困り、孤独死かもしれない。