読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなんじゃ?

日常のハテナと日々の暮らしを綴るブログです。

デブの本懐

こんにちは、若干自暴自棄になっている私。やはり職場でも電車の中でも、ぽちゃってるというだけでつまらない話のネタにされてしまう。しかも、それはほとんど陰口に始まり陰口に終わる。同じ土俵に上がってこんかい!💢💢と思うほどそういう人たちは、総じてぽちゃことは目をあわさずに、あえて違う同じ村の仲間さ一緒になってデブをネタにした陰口を言う。こいつらは絶対確信犯だ! ぽちゃこに聞かせてわざとイライラさせるためにそれをいうのだ。

例えば私が体験したことでいうと、

私はただ単に朝の満員電車のつり革を持っていただけ。

それだけのことだったのだが、隣にいた二十代と思われる女性が、『逆三角形じゃない?』といい始め、なんのことかしら?と思って隣で聞いていると、髪の毛とか白いのついてないかと隣の彼氏だと思われる、いやおっさんに話かけていたのだが、私が女性のほうを向くとピタッと話を止めたのだ。

じゃあ、これって私のことだったのか?と無性に腹がたって朝から不機嫌になったことがあった。ずるいよね、言うこと言っといて、私たち知りませんみたいな顔して。また電車から降りると、なんかあの人見てたんだけどと笑い話にさせて面白がるという。

なんか、嫌いやは。デブだから、ウンコ臭そうとか言うやつまじでムカつく。

『テメーのウンコはどんだけフローラルなんですか?人のことばっか言ってねーで一度自分のウンコ嗅いでみろよ!💢💢ぜってーテメーのほうがクセーから!』

って汚い言葉で罵ってやりたい。

 

と、デブねたが出てくる度にそう思うのでした。

踏んだり蹴ったりな1日。

なんだか、会社でイラッとすることがあった。

それで帰りの電車のなか、頭をリセットしたくてイヤホンで音楽を聞いていたら、突然足に激痛が(+_+)!!

 

そうさ、あたいのあんよをヒールで踏まれたのさ。

しかも、あたいスニーカーだからグサッと感がハンパなかったわけ。

ほんと、帰りの電車で泣きそうだったよ。昨日は浅田真央ちゃんの引退の特番で泣き、今日は足を踏まれて泣くという。

 

踏んだり蹴ったりだ💢まったく!

何者でもない自分が許せないんだな、わたし。

こんばんは、黒ねこです。あー、お金ない。派遣は初任給をぐるぐるするだけで、評価もされない、何年経っても一年生のまま。キャリアとはみなされない孤独感。こんな働き方、選びたくて選んできたわけじゃない!

そんな不平等感を毎日感じながら働くことに限界を感じている。

今日はなんだかムシャクシャして、満員の電車に揺られて家に帰りたくなかった。家につく五駅ほど前から歩いて帰ることにした。6時半ぐらいには、もう周りは暗く、ビルやお店の光で寂しさは感じない。

歩くことは以前から好きで、気が向けば何時間でも歩いた。なんだか、歩いている時は、頭は何も余計なことを考えなくて済む。

なんだろな、私は何も決められない自分が情けない。30にもなって。なんだろな~、結局わたしは何者にもなれなかった。なにがしたいなんて、断言できるものが全くない。

誰の役にもたてない。代わりはいくらでもいる、この社会には。

イキイキっいう言葉を使いたくないほど、何もない。なにもない。

紙パックとペットボトルでわかる格差社会。

こんにちは、日々社会に不満たらたらの黒ねこです。

なんでしょね~、このもどかしさ。水を買うにもペットボトルを買うのに勇気がいるというか、勿体ないと感じてしまう、貧乏臭い感じ。はー、嫌になっちゃう自分が。

学生のころは、みんな働いていないからみんなが貧乏というか生活レベルが一緒の子達とともにいたから何も感じなかったけれど、社会人になったら格差を感じますね。

子どものころは、家庭が貧乏そうで、一緒に遊んでいるときにスカートの下がたまたま見えた時、パンツ履いてない子とかいて。その当時は子どもだったから、別にまわりに言いふらすとかはしなかったし、あまり気に止めていなかったけど。大人になってその意味がわかるというか、生活が大変だったのだろうと思う。

そんな子が社会人になると一転、医者の息子と結婚して、とか、お金持ちの人と、、、とかいう話を聞きます。そういうのを聞いてしまうと、結局女性は勉強頑張ろうが、あまり関係なくて結婚する相手で負け組、勝ち組が決まるんだなと思うと、悲しくなりました。

私が就活していたときは、就職氷河期で希望する業界では就職が決まらなかった。わたしの実力がないからだろう?と言われるとそうとも言えるのかもしれないけど。

で、いま就社できずに派遣社員でまた4月に入ってくる新入社員よりも扱い的には下な訳だ。

なんか、もうどう頑張ればいいのかわからなくなってきた。コンビニでペットボトルを買うのさえも戸惑い、節約の日々。

 

納得いかないから、二年後フリーランスになる。

なんだかつまらない。

こんばんは、黒ねこです。

いつも通りの日々がありがたい。いつも一緒に寝食をともにしてくれる人がいるだけでありがたい。

だけど、なんでだろう。つまらない。何も本気になれないんだよね。ため息ばかりでる。こんなにもわたしはつまらないやつなんだと悲しくなる。

これは、鬱のはじまりなのだろうか?

職場のひとも別にもとから信用はしていないが、なんだかもっと距離を感じる。仲良しこよしじゃなくてもいいけど、はやり経済格差というものなんだろうか?

バカにされている気がする。何かされたわけじゃないけれど、いつも蚊帳のそとなんだよね。あなたは関係ないみたいな対応なのに、あの人は我関せずだからね~なんて言葉を聞こえる声でいう社員がいる。

いやいや、あなたたちだって私たちの立場には我関せずでしょうが!ってツッコミたくなる。

なんだかな。別にわたしはエライ人でもなんでもないが、納得できない。社会に対して納得できない。潔癖なのだろうか?学校の先生のように正しいことは正しいということは、社会ではどうでもいいことなのだろう。成果をあげたものだけが正しいのだから。自分なりに頑張ってきた努力は、この世界では認めてもらえないのか。甘い考えだと言われるなら、私はもうこころが消耗して、そんな意見は消化しきれない。なんだったのか。

 

もう何もない。わたしには何もない。

 

 

つらい。

 

 

 

種なしって嬉しい!ほし梅の魅力。

こんばんは、今日は昼にラーメン、夜にオリジン惣菜、パン2つ、ポテチを食べて順調に肥えている黒ねこです。

なんでしょうか。この食欲と眠気は!やはり三連休ということもあり、たるんでいますね。お腹も心も。やばいです!


f:id:kokuronyan:20170320005710j:image 

それで買ってしまったんですね。こころの隙間を埋めてくれる、なおかつ小腹に押し込める一品をみつけてしまいました。

小さい頃に、おばあちゃんが漬けてくれた梅干しが好きだった私は、スッパイマンの存在をしらないわけがありません。なんかこの、

たねどこ?というキャッチにあぁ~惹かれる❗

絶対種無いやつでしょ!

とテンションがあがり、家に帰ってさっそく食べてみたんです。

ま、味は昔からかわらずのスッパイマンの干梅立ったんですが、種がないのが嬉しい。

 

またドンキに行ったら買ってみたいと思います。調子にのって食べ過ぎると、軽く1日に摂取していい、塩分をはるかに超える可能性だなので、食べる時はご注意を!

ねずみ講は信頼してる友人ほど危ない!

こんばんは黒ねこです。

いやはや、かなりヤバいです。わたしの太もも。夜トドのように横たわっていると、脂肪が成長しているのか、太ももが次第に大きくなってきているのがわかります。太ももがきしむ感覚。あなたは経験したことがありますか?

なんだろね。ひざのちょうど上あたりから足がピリピリする。

艶かしい足になるのが夢だったのに、やはり美は意識しないとやってこないのですね。ニキビやら、ダイエットやらに興味を持ち始めるとはたら私は危うい勧誘にあいまっせ。しかも、身近な人が仕掛けてくるから、

 

ジーザス!!!

 

神はわたしをお見捨てになった... 。

 

やってられんわ、まったく。

『あたいのこと大切に思ってくれてたんやないのか?』

とその信頼していた先輩に言いたい。人間嫌い。商売にわたしを使わないで頂けるかしら?せっかく楽しくお茶できる友達ができたと思っていたのに。

こうやって関係性って壊れていくのね。みやみやたらに、わたしは人を信じない。話しやすいからといって、100%は信用しないことにしています。1日寝たら冷静になるから、寝てもその意志が変わらなかったらGo なんだと思うなー。その感情が起こらなければやめたほうがいい!確実に。

自分で納得してないのに、始められないょ、ビジネスなんて。いいように使われて終わるだけ!しかも、その人がうまくいかなくなったら絶対、愚痴を散々いって一緒にやめようと同調を求められる。そのパターンな気がする。

いったん、冷静に考えよう。